余ったカレーの有効活用法は毎度迷う所ではあるけれど

大鍋で見つけるカレーというものが、各回かならずミッシリ可愛く使用されつくすは
私のルールから言って先ずありません・・・たいてい私の場合に限らないでしょうけど。
余ったというぐらいの容量ですから当然ながらその容量はでたらめだ。
カレーライス皿満員食い分に満たない容量のカレーは地味に機能に困りますよね。

で、今まで試してきたその機能ですが。

カレーうどんor近辺・・・近辺つゆに余ったカレーを含めるだけ。
非常にシンプルですが汁がハネて白い衣装に不潔を仕立てるのには注意が必要です。
カレーラーメン・・・普通に作ったインスタントなどの?の上にカレー。
味わいも塩も濃くなるので必ずオススメできません。
マーボーカレー・・・麻婆豆腐と入れるだけ。
比較的おいしいけどカレーが余ったことよりも
麻婆豆腐が余った場合レトルトカレーを投入したほうが作りやすい。

といった感じでどれも一長一短でワイルドカードに欠ける感じがします。
そんなわけで近年よくやっているのが・・・パンで召し上がる、だ。

余ったカレーを小皿に取り、適当な容積のスティック状に切ったパンを
そこに突っ込んで採り入れるという間食直感の技術だ。
特にこれもそれなりなので、カレーつり銭ときの回転に
加える感じになるでしょうか。

但し決定版!はなかなかないようです。http://vuittonsacspascher.com/