カッペリーニをなんとなく山積み購入したはいいけれどどうして食べよう

ロングパスタ、日本ではいわゆるスパゲッティとしてばれる雑貨の中でも
最もか細いのが「カッペリーニ」だ。
日本語でエンジェルの髪を意味するその名の通りスパゲッティとしては
非常に細いものではありますが、流石に髪の毛ほどか細いわけではありません。

あんなカッペリーニを、なんか過日大量に購入しました。
そもそも我々はカッペリーニと言うものはそれだけ、というか大いに食べません。
適正以前に食べたことがあるっ切りだ。
これは成否以前に地方すぎてそもそもどうしても売ってない、
売ってても良いうえに大売出しにはともかくならないと言うので
それだったら普通のスパゲッティを買ってゆでますからね。
普通のスパゲッティなら普段からそれほど食べている。

ただし、そんな召し上がる機会が全くないカッペリーニが
今我が家の台所の棚の中に大量にあります。
なぜこんなことになっているかと言うと、近所の上級で
カッペリーニが棚飛び半額売り物として大量に売るのを見て
はからずも衝動買いしてしまったからです。

但し購入したのはいいですが、どうして料理した一品なのかわずか悩ましいだ。
だって以前にカッペリーニを食べたときの直感は、完全に
「イタリアぶりみたいめん」という身も蓋もない一品でしたからね。
カッペリーニをなど買ってしまったのも、美味しいものを食べたいというより
普段といった何か違う変わったものをたまには食べておきたいという長所でしたし。

特に現代、ググれば直ちに製法なんてドシドシ顕れるんですけどね。複数のサイトで調べてみました。